手作り、着物、その他日常


by ura-cherubino

栗、入手。

 栗が食べたい、栗が食べたい・・・ 
そのうち父が持ってくるだろうから、買わないで我慢我慢・・・

と、スーパーで栗を見かけるたび、まじないのように繰り返して
自分に言い聞かせていた私。

初物はとっても待ち遠しいものですね。

実家でもらった栗は、早速むいて栗ごはんとマロングラッセに。
マロングラッセ、8時間煮込み中。
b0151717_18494322.jpg


電磁調理器って、フツフツと煮たい場合の温度調節が難しいと思うのは私だけ?
したがって、鍋のそばで火加減の番をする。

「オリンピックの身代金」(奥田英朗著)を読みながら!
マロングラッセより本に夢中になってしまった。
東京オリンピックの頃の時代背景に、ちょっとショック。
小説のディテイルは、いろんな文献を参考にされてるようなので
たぶん本当なんだろうな。社会の底辺の労働環境とか、麻薬とか。
とにかくすごいスピード感。本を読んでるのに、映画でも見てるかのような
目が離せない感じで一気に読み進む。

そうこうしてる間に出来上がり。
b0151717_19132978.jpg


ナナイロネイロの虹子さんが、アールグレーの紅茶葉を一緒に煮込むといいって
言ってたから試したんだ。

試食。
おおーっ。ブルジョワジーな味やねぇ。
アールグレー、正解!
ブランデーもたっぷり入れたので、オトナのおやつ♪

そして、またじっくりと本を読む。 photo by 夫。
b0151717_211199.jpg



さて、この翌日、またもや父が栗を拾ってきたのであった。
栗剥き地獄・・・。
[PR]
# by ura-cherubino | 2009-09-29 19:17 | 手作り
 スターバックスのナイロントートを、ずっと夫のお弁当&水筒入れとして
使っていたが、べろべろとふちがほどけてきてみすぼらしくなったので
このたびトートを作ることを思い立つ。

で、作ったのがこれ。
b0151717_15493628.jpg



だけどさ、持ち手が細すぎて嫌なんだって。。
返品されたので私が使っとります。

しかし、お弁当袋には内側ポケットは必要ないと判断し、付けなかったので
お財布やら鍵やら入れて使うと、バッグの中で必要な物が行方不明に。
ふだん使いのバックにするなら、どんなにちっちゃくても内側ポケットは
必要だね。いい勉強になったさ。

 次は、某洋服屋「○UMAN ○OMAN」で見た秋の新作を真似して作ったキャミ。
b0151717_1558539.jpg


写真ではわからんが、前も後ろもギャザーをたっぷり取って丈も長めにして
やっぱり少し秋を意識してみる。
先月わざわざ寄った日暮里で購入した生地を使う予定だったが、
その某洋服屋とまったく同じ生地を取り寄せて作っちゃった。
こんな風にして着る予定なり。
b0151717_1621451.jpg


うーん、もっとリボンがボーンと大きい方が良かったな。そのうちやり返そう。

某洋服屋で見た本物は、スクエアネックのような雰囲気であり
肩ひもがもっともっと太いんであるが、
その通りに実現する技術が私にはないので、これで妥協。
どうせキャミ1枚で着ることはないのだから、全体的なシルエットと
胸のあたりのデザインが同じ雰囲気になれば良しだ。

そうです、私は大雑把なO型です(^◇^)
[PR]
# by ura-cherubino | 2009-09-15 16:18 | 手作り

「セクシー」について

 めっきり朝晩は涼しくなりました。
今年初の鍋をしましたよ。カレー鍋です。
我が家の定番は、カレー鍋には鶏だんご。。
b0151717_207933.jpg



さて、
夫を助手席に乗せて、山口市立中央図書館に向かっていたときであった。
突然夫がこう言う。

「随分この辺りはセクシーなエリアになったなぁ。」

セクシー?
見ると、ラーメン屋「ばりうま」と「なか卯」が隣り合わせで新規OPEN。
湯田温泉の常盤旅館の交差点付近ですよ。

夫の言うセクシーってこういうことなのかしら、と呆れるやら可笑しいやら。
さすが食いしん坊である。

ラーメン屋さんをガン見中の夫↓
b0151717_20132935.jpg


行こう行こうとダダをこねる夫だが、私はラーメンがあまり好きじゃないので
運転手の特権で無視し続けてたわけです。

が、このたび根負けしてラーメン屋さんについて行った。
お店の外観や内装のギラギラ感と全然違って、やさしい味でなかなか良かったですよ。

今日の報告、以上です。

セクシーについてもっと考察してるかと思った皆さん、ごめんなさい(^^;
[PR]
# by ura-cherubino | 2009-09-13 20:22 | 日常

意志の弱いわたくし

 お盆に群馬に帰省して帰るときの話です。

我々は新幹線の旅を好むので、必ず新幹線での帰省である。
新山口駅から東京駅、乗り換えて東京駅から上越新幹線の上毛高原駅
というルート。

東京駅までは、「早得きっぷ」を使用するため、東京駅では駅の外に
出れちゃうんである。

いつも東京駅では、乗り換えの時間を2時間くらい取ることにしていて
その間に昼食をとったり、地下街を練り歩いたり、デパ地下を物色したり
するのが楽しみなんですよ。

帰りの上越新幹線の中で、「今回はどこに行こうかな~」と思っていた矢先、
夫が「そうか~。2時間あるなら神保町に行っちゃおうかなー。」と言い出す。
私、「えぇっ!?じゃ、私は日暮里に行く!」。
 注) 神保町へは古本が目当て、日暮里へは繊維街が目当て

というわけで、上越新幹線を急遽上野で降りて、スタコラと日暮里へ向かう私。
日暮里には6月に行っており、しかもしこたま買い物したので
「もう今年は生地買わない」と誓ったはずなんだが~
目の前に差し出されたご馳走に、手をつけないわけにはいかぬ、という
性格の私である。

とはいえ、2時間のうちに東京駅に戻らなきゃならないので
あらかじめ買いたい物はだいたい決めておいた。
・洋服屋さんの秋物を物色していたら、リバティの生地を使用した
 可愛らしいキャミが売っていた。確か14800円もした。
 買えないから、それのコピーを作るべく、リバティの生地を。
・秋らしい色のチュニックワンピが欲しいので、そんな感じの生地を。

で、買ったのがこれら。下がリバティじゃ。
b0151717_11285134.jpg



いちごmamaのご実家のお店にも顔を出してみる・・・
が、相変わらずお父様はお忙しそう。忙しそうでお元気そうで、何よりだわ、と思いつつ
そっとお店を後に。

時間が余ったので、他のお店をぷらぷら。
すると、1m200円の薄手の麻100%の生成りの生地を発見!
・・・5m買いました。
着物を着るときの夏用肌着を作るのだ!

そんなことを言っているが、この夏は1回も着物を着ていないじゃないか。
山口薪能に行った時が着物を着るチャンスだったのだが、
その日昼間は撮影に出ていたので、着替える余裕がなかったのよね。
ま、来年用にね。(汗)

それで満足して東京駅へ。
先に新幹線に乗り込んでいたら、夫もぎりぎりで戻ってきた。

夫・・・東京出張に行くと、いつもこういう調子で新幹線の時間ギリギリまで
神保町を練り歩いているんだろうな・・・。
あのギリギリ感が、慣れてる感タップリであった・・・。
そのようにして古本が増えていく我が家。床が抜けるのは時間の問題かと。

自分の生地ストックが増えている件は、棚に上げ。
[PR]
# by ura-cherubino | 2009-08-28 11:22 | おでかけ

川場のペンションで1泊

 夏に帰省すると、気をつかわれてるのか
「せっかくだから温泉に泊まりにいっておいで」
とかいって、宿を予約しておいてくれる義父母。

気持ちは大変嬉しいが、たまにしか行かないのだから
逆にずっと家に、、、という気持ちがするのだが。
私は日帰り温泉にさえ入れれば大満足なんだし。

で、今回は川場の「花紀行」を予約しておいてくれた。

ここに泊まりに来るのはもう3回目なんである。
ここのごはんが美味しいのなんの!(写真はないけど)
言ってみれば「田舎料理」の部類に属すのだろうが、
さしみこんにゃくやお豆腐がいちいち美味しいのだ。
お米は自分ちで育ててるということ。
ブルーベリーやルバーブなんかも栽培していました。
今度は裏庭にバラ園を作ろうかな~、とオーナー談。
マメな方ですの~。

夜の「花紀行」
b0151717_190661.jpg


周辺のりんご園
b0151717_1902967.jpg


結構標高が高い
b0151717_192576.jpg


そう、標高が高いのでとっても涼しいのだ。
夕方、部屋の窓を開けてぐうたらしていたら夜風が寒くなってきた。

私はそれまで”避暑地”と聞いても冷めた心で、
 「どうせ、夏なんだからどこにいたって暑かろう?」
などと思っていたのだが、本当に避暑地って避暑なんだねぇ。
高温多湿の亜熱帯ぶりは、京都並かと思われる山口市の住民なので
いまひとつ避暑といわれてもピンとこなかったのだ。
ひぃ。井の中の蛙だったぜぃ。

ここのオーナーはカメラの趣味もあるので
撮りためた写真を見せていただきましたが、
まぁ、こまめによぅウロウロしとるね! って
言葉はもっと丁寧ですが、そんなようなことを思わず言う。(笑)
川場周辺の自然を、美しい写真でたらふく満喫させていただきました。

ペンションの中に飾られてたキジの剥製の頭上に目が釘付け。
b0151717_19155360.jpg


な、なぜナフタリン袋が。
[PR]
# by ura-cherubino | 2009-08-21 19:10 | おでかけ