手作り、着物、その他日常


by ura-cherubino

化粧品のパレット

 仕事上、お客様にメイクを施す機会があるのだ。
でも、化粧品ってバラバラしていてまとまりがなく、しかもフタがいちいち
付いているから、時間がない中で仕事するたびにイライラしてた私である。
b0151717_2126581.jpg


そんな時に教えてもらったワザ!

100均屋で発砲スチロールをもうちょっと硬くしたようなボードを購入し、
b0151717_2129067.jpg


化粧品の形に合わせてくり抜き、
b0151717_21293594.jpg


くり抜いた穴に、この場合は固形ファンデの中身だけ取り出してぐぐっと入れ込む。
同じく100均屋でプラケースを買い、その中に収納して持ち運ぶ。
b0151717_21303520.jpg


このプラケースにはあと3枚くらいは重ねて入りそう。
アイシャドウ、チークのボードも作ってこの中に収納するつもりです。

今までバラバラしていた化粧品もスッキリするだろうな~♪
何より見やすくなるし、使いやすくなる。

ただ、作るのが結構手間ですよ。
セットしたい化粧品のサイズをはかって、そのサイズよりちょっとだけ小さめの穴をくり抜く。
で、キチキチに入るように様子を見ながら、少しずつ穴のまわりをやすりで削っていくの。
穴がちょっとでも大きければ、ブカブカになってしまって穴からすり抜けてしまうからね。

うー、まだ、小さい上にサイズも異なるちびアイシャドウたちが大量に残ってる。
でもこれを作ればすごい仕事がはかどりそうでしょう?
頑張るゾーー!
b0151717_2149677.jpg

[PR]
# by ura-cherubino | 2010-03-30 21:54 | 手作り

ダンボールコンポスト

 ついこの間、春1番が吹いたが、今日の嵐には名前はないのだろうか?
とにかくものすごい嵐の山口市。

土曜日と日曜日はローカルのニュース番組が少ないせいか
天気予報をよく知らなくて、だからまさかこんな嵐になるとは
思わなくて油断していたら、明け方うちのバケツが飛んでいったような・・・
パトロールに出たが、発見できず。

 さて、ダンボールコンポストで堆肥を作っている。
b0151717_1351311.jpg


ピートモス等の基材に日々生ゴミを投入し、発酵させるのです。
発酵と腐敗は違うようで、匂いもしなければ虫もわかないです。

“直接雨の当たらない風通しの良い場所”がベストな設置場所とのこと。
なぜか我が家のマンションのベランダには、雨の当たらないくぼみがある。
本当にダンボールコンポスト置き場用にあつらえたみたい。絶対違うだろうけど。

「ごはん」「うどん」「肉」などが発酵力を高める食品らしい。
が、そんなもの生ゴミで出るわけがないじゃないか。
全部食べちまうんだから。
で、野菜の切れ端や果物の皮のような植物性の生ゴミばかりを
投入し続けている。
時々、魚を捌いたあとのゴミを入れてやると、あきらかに
発酵力が上がり湯気が出るほど発酵する。
「おお、喜んでもらえたようだ」とこちらも嬉しい。
出来上がった堆肥は、畑に混ぜてまた野菜の肥料となります。

それにしても、今日の嵐でダンボールコンポストが飛んで行かなくて
本当に良かったよ・・・。
[PR]
# by ura-cherubino | 2010-03-15 14:30 | 日常

浴衣、仕上がる。

b0151717_18442864.jpg



トルソーに着せて帯巻いて雰囲気を見ようかと思ったが、
縫い上げた浴衣を、霧吹きして寝押ししてビシッと仕上げて
しまったから、シワつけるのがなんだかもったいなくて
まだ私も試着していないという。

大きめの菊(多分)がボンボンと描かれている柄なので、
柄合わせが大変そうでした。
微妙な位置で結構雰囲気が変わってきてしまうらしい。
自分で縫ったのに何故「大変そう」と客観的に言うのかというと
先生がやってくれたからに他ならない。

和裁の達人は、浴衣など1日で仕上げちゃうらしい。
すごいね・・・。
私は半年かかったぞ。しかもまだ一人じゃ縫えないよ(笑)

次は夫の浴衣に挑戦!!
さぁ、夏に間に合うのか!?
[PR]
# by ura-cherubino | 2010-03-12 18:55 | 着物
 久しぶりの洋裁。
夫が出張でいない日に一気に縫い上げる。
(夫が出張でいない=夜に突入しても、ミシンや裁縫道具を片付ける必要ないから
          はかどる・はかどる!)
b0151717_19215658.jpg


ソーイングナチュリラのこの型を使用。
b0151717_19234144.jpg


ベストを合わせてあるから、いかにも「作業着」っぽくなく
いいコーディネートだなぁ・・・
私がチュニックだけで着ると、作業着感100%になること請け合いなので
次はベストを縫おうかな。

こういうのを縫いたくなると、もう春も近いなぁという気がします。
どうも冬の間はソーイングはお休みになってしまうので
生地の在庫がたーんとあります。
それなのに、誘惑に負けリバティの2010春夏物の生地を購入してしまった。
暇をみてコツコツと縫わないと!!!

そうそう、リバティですけど、着物の半襟に良さそうな柄があったので
それ用にも購入。
b0151717_19132140.jpg



そしてこちらは、思い出した頃に習っているフラワーアレンジの作品。
・・・だいぶ先生の手直し入ってマース。
b0151717_20572361.jpg


桃の花が入ると、ひな祭りっぽくていいねぇ。
[PR]
# by ura-cherubino | 2010-02-22 19:25 | 手作り

初めての和裁

 去年の秋、キンモクセイが咲く頃にはじめた和裁。
最初は「浴衣」と相場が決まってるわけで、ヤフオクで落札した
反物を持って、いそいそコツコツと通ってたんですよ・・・。

で、やっとここまで出来た。
袖がつく前の状態。
b0151717_1952692.jpg



「運針」というものが出来ないんです。
和裁の先生からは「テレビ見ながらでも運針の練習をおし」と
言われているのだが、全然やってないし。
先生は私の手元を見ていらいらしてるんじゃないかと(汗)

でも、夏になるまでに仕上がりそう。

この反物は、浴衣としてだけでなく着物風にも着れそうなので
コレにしてみました。
(貧乏性な私、または“一石二鳥”という言葉が好きな私が
 考えそうなことではあるな、うん)

実は、今生徒は私一人なもんで・・・
着物を仕立てる際の「キモ」の箇所はすべて先生にバッチリ
みてもらっての作業だから、我ながら初めてにしては
上手に出来てます。

しかし、それをいいことに先生に頼りきってしまったので、
結局全然わからないままここまできちゃった・・・。

この浴衣を仕上げて2枚目に移ったとき、
「あら、この人何もわかってなかったのね」と先生に
バレることであろう・・・。ひえ~。
[PR]
# by ura-cherubino | 2010-02-09 20:12 | 着物