手作り、着物、その他日常


by ura-cherubino

<   2008年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

花火で浴衣を着た

b0151717_11441751.jpg
 夏着物デビューに完全に乗り遅れた私である。
 ふしの川夏祭りでの花火大会、せっかくなので浴衣を着た。
またもや実家から掘り出してきた浴衣。
学校時代に、家庭科で浴衣を仕立てる授業があると聞くが、私の時はパジャマだった。
授業で浴衣の仕立てをやっておけば、少しは和裁がわかっていたかもしれないのに・・・つくづく口惜しい。


b0151717_11445688.jpg
 割りつのだしっていう結び方らしい。半幅帯は色々と遊べて面白い。
ちなみに、山口フリーマーケット骨董市で500円で購入。
花火撮影をするのに、この値段だと汗でヨレヨレになっても遠慮がなくて、気が楽だ。


b0151717_11451643.jpg
 実家から下駄を持ってくるのを忘れて、カッコ悪いけど足元はこんなぞうり。


 今だから言えるが、写真を始めた頃、三脚を担いで棚田のあぜ道を歩き回ったら、首のスジがおかしくなって5日間も会社を休んだという経験がある。(昔のジッツォを使ってたからものすごく重かった)
写真を撮るのも、根性が要るのだ・・・。時々暑さと荷物の多さにくじけてしまう・・・。
今回は、夫が荷物持ち兼ボディガード役を引き受けてくれたので助かった。
[PR]
by ura-cherubino | 2008-07-30 12:27 | 着物

ドラゴンとガーリィ

b0151717_1464821.jpg
 いつものムームー風トップスを作るのはさすがに飽きた。
写真を撮るのを忘れたけど、実は母親用にも1着作って手渡したので、3着も同じパターンの柄違いを作成したことになる。

 超簡単トップスもいいけど、もちょっと凝ったものを作りたくなった。
そこで作ったのがこのドラゴン柄のブラウス。

 この生地は、いつものように移動販売のはぎれ屋さんで105円だか126円だかで購入。本当はバッグを作る時の裏布にしたら面白いと思って買ったのだけど、何故か服に昇格した。
ガーリィな形と、「可愛い」とは言えないドラゴン柄をコラボレーションしたらどうなるだろう?って実験的な気持ちで試してみたのだ。
b0151717_14182462.jpg
 へんちくりんな服が出来るかなぁ?と内心ビクビクしていたんだけど、仕上がってみれば、別に外で着ても平気なモノが出来た。・・・と自分では思うが不安なので、しれ~と着て母親と夫の反応をうかがった。
・母親の反応 → どしたん!また作ったん!こまめじゃねぇ~。おかしくないよ、全然。
・夫の反応 → 何だ!?その服は見たことないぞ。・・・作ったんか!柄がいんじゃない。
・・・というわけで、大丈夫のようだ。

 ところで、自分で作った服を初めて洗濯機にかけるときはドキドキする。雑な縫製でバラバラになったらどうしよう、と思うのだ。このドラゴンちゃんの反応を見るために1回着て、洗濯した後がこの写真なので、このレベルもクリアしたようだ。
安心である。
[PR]
by ura-cherubino | 2008-07-28 14:01 | 手作り

エーデルピルス

 エーデルピルスという数量限定のビールが、サッポロから発売されていることを知る。
なんでも、苦味とコクがすごいらしいのだ。
我が家では、普段はあまり飲酒しない。というのも、夕食後に夫婦でウォーキングをしなけりゃならないので、運動前に飲酒することは危険であろうという理由からだ。
だから、飲酒するのは明らかに雨降りの日、または夫が出張でいない日、なのだ。
ちなみに夫はアルコールをあんまり受け付けない体質なので、私さえ普段の飲酒を我慢すればいいのである・・・。

 さて、そのエーデルピルスの存在を知って、速攻コンビニに買いに走った。
冷蔵庫にストックするものの、先に述べた理由からなかなか飲むチャンスがない。
5日経過した。夫は出張に行かないし、天候はずっと晴れである。
5日が我慢の限界だった。私は夫にその日のウォーキングを中止することを提案した。

 ラタトゥイユ、マカロニポテトサラダ、刺身、スーパーのコロッケ、キュウリのQちゃん、その他付け合せの野菜やなんかをつまみに、エーデルピルスをめでたく堪能した。
確かに、苦味とコクがある。それでいて飲みやすい。あっという間に1本がなくなった。
ビールだけが主張しているのではなくて、これらの料理と合わせても違和感なくいただけた。

b0151717_11311433.jpg

実は、あと1日我慢すれば夫が出張だったのである。ちなみにそれは今日である。
と、いうことで今夜もエーデルピルスを堪能だ。
[PR]
by ura-cherubino | 2008-07-23 11:37 | 日常

ガリガリ君マンゴー味

 少し前の話だけど、TVにますだおかだが出て喋っていたの。

「中尾彬さんが、
   “ますだくん、日本一美味しいスイーツは何だか知ってるかい?”
 っておっしゃるんですよ。
   “イエ、知りません”
 って応えたら
   “それはね、ガリガリ君のマンゴー味だよ。”
 っておっしゃったんです!」

って。

会場は笑いの渦に包まれていたけど、私はその日本一美味しいスイーツとやらを聞き逃さなかったわ。
以来、ガリガリ君のマンゴー味を探しに探していたのです。

そして今日、見つけました。夫の帰りを待ち、食べてみました。
・・・本当に美味しいよ。
ちょっとスカしたレストランで、「マンゴーのソルベでございます。」とかいってサーブされそうな味である。ガリガリ君マンゴー味を砕いてお洒落なお皿に盛れば、絶対だまされるって!

私が食べたガリガリ君、当たりが出たからまたお店に行かなきゃ。
家からそのスーパーまで遠いのが難点で、今回は少し溶けてしまったから、今度はクーラーボックス持参します。

b0151717_22591628.jpg

[PR]
by ura-cherubino | 2008-07-18 23:00 | 日常

キュウリのQちゃん

 いつもお料理の参考にさせてもらっている、fellowさんの「fellowの美味しいもの大好き」というブログで、またまた試したくなるようなメニューが登場!
レシピ キュウリのQちゃん by FELLOW

b0151717_22491895.jpg
 この季節は、実家の畑でキュウリが次から次へと実る季節・・・有難いことなんですが、まともに食べていたんじゃ間に合わないほどの収穫があります。でも、このキュウリのQちゃんの作り方を知っていれば、キュウリが出来すぎて困るっていうことがなくなりますよ!だって簡単で美味しいんだもの。食欲が落ちがちな夏だって、キュウリのQちゃんを作っておけば「ポリポリパリパリ」とごはんが進むことうけあい。
 作る工程で、キュウリを湯がくところがあるの。キュウリを湯がくなんてとっても違和感があったのだけど、その工程がQちゃんを美味しくさせる秘密。それを思うと、お湯の中でのほほんと浸かっているキュウリが途端にいとおしく思えてきます。

 この夏は、キュウリのQちゃんが食卓に欠かさず上ると思います。
実は作ったのも、もう2回目。
[PR]
by ura-cherubino | 2008-07-11 22:58 | 手作り

魔法のゼリー

b0151717_13113147.jpg


 着付けの先生から教わった「魔法のゼリー」。夏らしくて、お客様にお出しするデザートにもってこい。(ウチには客なんて来ないけど)
何故「魔法」なのか・・・それは型に流しいれる時は1色なのに、固まる頃には2層に分かれて2色になるからなんです。

先生が他の生徒達に作り方を一生懸命教えてたんだけど、私はゼリーってさほど好きでもないから、悪いけど右から左へ流してたのよ。着付けのお稽古に行ってるのにゼリーの作り方を教わってもねェなんて思って。
で、今週、先生が「コレよ、食べてみて」って試食させて下さった途端、今までムーディ勝山ばりに受け流していた自分を反省しました。透明がかったオレンジの部分はオレンジゼリーの味だけど、乳白色の方がババロアっぽい食感になっていて、ゼリーと思って食べたので、いい意味で裏切られました。後口も良いし。
レシピを記憶して帰ったので、思い出すためにすぐに作ってみたのがこの写真です。
そして、レシピを忘れないように、このブログに記録しておくなり。

【材料】
・100%オレンジジュース 2カップ半
・砂糖             80グラム(私は70グラムで作りました)
・ゼラチン           20グラム
・卵               1コ
・牛乳             1カップ
・生クリーム         200ml(1パック)

【作り方】
1.鍋にオレンジジュースと砂糖を入れ、煮立てない程度に温める。
   →80度くらいを保つ(ぼこっ ぼこっ と時々沸騰のような状態になる程度)
2.1の鍋にゼラチンを入れて溶かし、火からおろす。
3.ボウルに卵を割り入れて混ぜる。
4.3のボウルに牛乳と生クリームを入れて混ぜる。
5.2の鍋がなんとなく冷めてきたくらいで、4のボウルの中身を入れて混ぜる。
6.型に流しいれて、冷蔵庫で冷やす。
7.固まったら出来上がり。(ここで魔法がかかり、2層に分かれるのです!)
[PR]
by ura-cherubino | 2008-07-09 13:34 | 手作り

お気に入りのパターン

 またしても同じパターンでムームーみたいなトップスを創作した。
b0151717_18384367.jpg
この生地は、いつものはぎれコーナーで見つけたものではないのだ。
わざわざ広島で見つけてきたダブルガーゼなのだ。
このような、脱力系のゆるい服を着て家でくつろぎたかったので、この生地を購入したのです。
が、しかーし!出来上がって思ったのだけど、私の服似合わないわ・・・。この間の黄色い柄物の方が私に向いている気がする。これは手作りでよくありがちな失敗である。生地が気に入って買うのだけど、出来上がったら似合わないという。
でもせっかく作ったのだから、着ますよ。




生地のアップ画像はこちら。
b0151717_1838555.jpg

アイロンの跡がつけにくくて、案外扱いづらい生地だった。
綿以外に何か入っていたのかしら。
[PR]
by ura-cherubino | 2008-07-04 18:57 | 手作り
これ、違和感あるよね。特に色が。
b0151717_14522557.jpg
さつまいものような色をしたコイツ、じゃがいもなんです。
スーパーではまだ見たことがないのだけど、売っているのかなあ?
実家の畑で両親が育てたんです。

野菜作りにも流行があって、ゴーヤに次いでズッキーニなんかは近年どこの畑でも見られるようになりましたね。この赤じゃがいもは、ズッキーニのブレイクの次にブレイクしそうな予感の作物だと思います。
その証拠に、散歩していると、ちらほらとこの赤いじゃがいもを見ることが出来るんですよ。
茎までなんとなく赤いので、見ればすぐにわかります。
気になるお味ですが、普通のじゃがいもより味が濃くてサラダ向きです。
もし、スーパーで見かけたら、気持ち悪がらずに試してみて下さいね。
[PR]
by ura-cherubino | 2008-07-03 13:50 | 日常