手作り、着物、その他日常


by ura-cherubino

カテゴリ:手作り( 29 )

くつろぎ着

 今回は、夫の家着の半ズボンを作ったのだけど・・・結論から言うと、失敗したようだ。

b0151717_2318352.jpg
サイズが全然合わないんだけど、和装トルソーちゃんに着ていただいて撮影したものがこちら。
上半身に何も着せないのは可哀相なんで、上はTシャツを着てもらう。


b0151717_23182251.jpg
いくら和装トルソーちゃんが太めだからといって、さすがに男性用のLLサイズはでかすぎるようだ。
・・・そう、夫はLLサイズであろう、そうに違いないと思って疑いもせずにLLサイズで仕立てた。
それが間違いだったようです。
ええ、デカすぎるんですと。服の中で体が泳ぐ感じがして落ち着かないんですと。
確かに・・・腹はLLサイズかもしれないが、案外と小尻だからな・・・。
せっかく作ったんだから、パジャマで着てよ~って頼み込んで了解を得るも、着て寝てないし!
ぶーっ。

b0151717_23183690.jpg
ちなみにこれ、ポケットも失敗したのだ。仕立てる順序を間違えて、見た目は普通かもしれないが、無理矢理つけたポケット。
生地は、ちぢみだから夏は涼しいはずよ。○ーカイでセールで買ったの。
・・・あれこれ言っても着てもらえないから、意味ないわよ・・・。
 
 そして私はふてくされてオリンピックの開会式をTVで見ながら、この記事を書いてるわけです。聖火台に火が灯されるまで観てるつもり!でも入場行進が長すぎてもう飽きました・・・。
[PR]
by ura-cherubino | 2008-08-08 23:15 | 手作り
 この間作ったバッグを使っていたら、母がこう言った。
「アンタ、このバッグをもう1個作って、群馬のお義母さんに差し上げなさい。」

え。私は自分で使うもんだから適当にチャチャッと作ってるだけなのに・・・。
人様に差し上げる物なら、キッカリ作らないといけないのがプレッシャーじゃん・・・。

と、思ったのは心の中だけで、こういう風に言い切った時のうちの母に何を言っても時間の無駄だ。
きっと、義母の私へのポイントUPを計画しているのであろう(笑)

そこで、言われた通りに製作しましたよ。
b0151717_22394534.jpg
思わず「返し口」まで縫っちゃって、後でほどく羽目になったのはご愛嬌。
2回目ともなると慣れたもんである。前日に裁断と芯貼りだけしといて、1日で縫い上げました。


b0151717_22413468.jpg
裏布は、いつものはぎれ屋さんで。
牛のシルエットに花柄、はたまた豚のシルエットに水玉柄、というアヴァンギャルドな柄である。

1回目よりも、かなり良く出来たので、ホッとしているところです。
あとは、喜んでくださるといいが・・・。お盆に帰省して手渡す予定。

それにしてもうちの母、「自分にも作って」とは言わないが、きっと作って欲しいのだろう。
そんなオーラを感じた。(^^;
[PR]
by ura-cherubino | 2008-08-02 22:56 | 手作り

ドラゴンとガーリィ

b0151717_1464821.jpg
 いつものムームー風トップスを作るのはさすがに飽きた。
写真を撮るのを忘れたけど、実は母親用にも1着作って手渡したので、3着も同じパターンの柄違いを作成したことになる。

 超簡単トップスもいいけど、もちょっと凝ったものを作りたくなった。
そこで作ったのがこのドラゴン柄のブラウス。

 この生地は、いつものように移動販売のはぎれ屋さんで105円だか126円だかで購入。本当はバッグを作る時の裏布にしたら面白いと思って買ったのだけど、何故か服に昇格した。
ガーリィな形と、「可愛い」とは言えないドラゴン柄をコラボレーションしたらどうなるだろう?って実験的な気持ちで試してみたのだ。
b0151717_14182462.jpg
 へんちくりんな服が出来るかなぁ?と内心ビクビクしていたんだけど、仕上がってみれば、別に外で着ても平気なモノが出来た。・・・と自分では思うが不安なので、しれ~と着て母親と夫の反応をうかがった。
・母親の反応 → どしたん!また作ったん!こまめじゃねぇ~。おかしくないよ、全然。
・夫の反応 → 何だ!?その服は見たことないぞ。・・・作ったんか!柄がいんじゃない。
・・・というわけで、大丈夫のようだ。

 ところで、自分で作った服を初めて洗濯機にかけるときはドキドキする。雑な縫製でバラバラになったらどうしよう、と思うのだ。このドラゴンちゃんの反応を見るために1回着て、洗濯した後がこの写真なので、このレベルもクリアしたようだ。
安心である。
[PR]
by ura-cherubino | 2008-07-28 14:01 | 手作り

キュウリのQちゃん

 いつもお料理の参考にさせてもらっている、fellowさんの「fellowの美味しいもの大好き」というブログで、またまた試したくなるようなメニューが登場!
レシピ キュウリのQちゃん by FELLOW

b0151717_22491895.jpg
 この季節は、実家の畑でキュウリが次から次へと実る季節・・・有難いことなんですが、まともに食べていたんじゃ間に合わないほどの収穫があります。でも、このキュウリのQちゃんの作り方を知っていれば、キュウリが出来すぎて困るっていうことがなくなりますよ!だって簡単で美味しいんだもの。食欲が落ちがちな夏だって、キュウリのQちゃんを作っておけば「ポリポリパリパリ」とごはんが進むことうけあい。
 作る工程で、キュウリを湯がくところがあるの。キュウリを湯がくなんてとっても違和感があったのだけど、その工程がQちゃんを美味しくさせる秘密。それを思うと、お湯の中でのほほんと浸かっているキュウリが途端にいとおしく思えてきます。

 この夏は、キュウリのQちゃんが食卓に欠かさず上ると思います。
実は作ったのも、もう2回目。
[PR]
by ura-cherubino | 2008-07-11 22:58 | 手作り

魔法のゼリー

b0151717_13113147.jpg


 着付けの先生から教わった「魔法のゼリー」。夏らしくて、お客様にお出しするデザートにもってこい。(ウチには客なんて来ないけど)
何故「魔法」なのか・・・それは型に流しいれる時は1色なのに、固まる頃には2層に分かれて2色になるからなんです。

先生が他の生徒達に作り方を一生懸命教えてたんだけど、私はゼリーってさほど好きでもないから、悪いけど右から左へ流してたのよ。着付けのお稽古に行ってるのにゼリーの作り方を教わってもねェなんて思って。
で、今週、先生が「コレよ、食べてみて」って試食させて下さった途端、今までムーディ勝山ばりに受け流していた自分を反省しました。透明がかったオレンジの部分はオレンジゼリーの味だけど、乳白色の方がババロアっぽい食感になっていて、ゼリーと思って食べたので、いい意味で裏切られました。後口も良いし。
レシピを記憶して帰ったので、思い出すためにすぐに作ってみたのがこの写真です。
そして、レシピを忘れないように、このブログに記録しておくなり。

【材料】
・100%オレンジジュース 2カップ半
・砂糖             80グラム(私は70グラムで作りました)
・ゼラチン           20グラム
・卵               1コ
・牛乳             1カップ
・生クリーム         200ml(1パック)

【作り方】
1.鍋にオレンジジュースと砂糖を入れ、煮立てない程度に温める。
   →80度くらいを保つ(ぼこっ ぼこっ と時々沸騰のような状態になる程度)
2.1の鍋にゼラチンを入れて溶かし、火からおろす。
3.ボウルに卵を割り入れて混ぜる。
4.3のボウルに牛乳と生クリームを入れて混ぜる。
5.2の鍋がなんとなく冷めてきたくらいで、4のボウルの中身を入れて混ぜる。
6.型に流しいれて、冷蔵庫で冷やす。
7.固まったら出来上がり。(ここで魔法がかかり、2層に分かれるのです!)
[PR]
by ura-cherubino | 2008-07-09 13:34 | 手作り

お気に入りのパターン

 またしても同じパターンでムームーみたいなトップスを創作した。
b0151717_18384367.jpg
この生地は、いつものはぎれコーナーで見つけたものではないのだ。
わざわざ広島で見つけてきたダブルガーゼなのだ。
このような、脱力系のゆるい服を着て家でくつろぎたかったので、この生地を購入したのです。
が、しかーし!出来上がって思ったのだけど、私の服似合わないわ・・・。この間の黄色い柄物の方が私に向いている気がする。これは手作りでよくありがちな失敗である。生地が気に入って買うのだけど、出来上がったら似合わないという。
でもせっかく作ったのだから、着ますよ。




生地のアップ画像はこちら。
b0151717_1838555.jpg

アイロンの跡がつけにくくて、案外扱いづらい生地だった。
綿以外に何か入っていたのかしら。
[PR]
by ura-cherubino | 2008-07-04 18:57 | 手作り

残り布でバッグ

 新宿のオカダヤで購入した、ネコ柄のコットン生地が結構余ったのです。
気に入っている布なので、バッグを作ることにする。
しかし、この柄のスモッグを着て、この柄のバッグを持つと、とってもクドいこと請け合い。
#あら、もうスモッグで外出することが前提になってる(笑)
これは、バッグの裏布にするのが適当でしょう。
ということで、製作したのがコチラ。
b0151717_16134528.jpg

b0151717_16213662.jpg

表生地は、何年も前に座布団カバーを作った残りを使用。
ちゃんとしたバッグに見えるように、本皮の持ち手を購入して付けました。
そう、またしても、生地はタダなのに「本皮の持ち手」が高価という変な事態を招いてます。
あぁ、手作り・・・それは私にとって節約でも何でもなく、自己満足に他ならない・・・。
[PR]
by ura-cherubino | 2008-06-25 16:09 | 手作り
b0151717_15552997.jpg夏はこういう涼しい素材がいいよねえ。
こういうたって、写真ではわからないけど、透けたようなプリント生地に、よく見るとデイジーの花をかたどった刺繍がほどこしてあり、なかなか凝った布なんです。
これ、はぎれで105円だったの♪
だけど、作成段階でどーしても襟ぐりと袖ぐりのバイアステープ部分が足りなくなり、同じはぎれを追加購入したから、計210円。
しかーし、これに合う黄色い糸を買ったら、210円よりも高かった。
なかなかうまい話は転がっていないものですよ・・・。
柄物といえば、柄あわせが必須だけど、はぎれなのでそんなことを言ってられなかった。
それにしては、まぁまぁの出来ではないだろうか。
またしても、上に黒いカーデガンを羽織って、どこでも着て出掛ける私なのである。
[PR]
by ura-cherubino | 2008-06-23 16:04 | 手作り

家着用スモッグを作った

 今年の1月下旬、東京出張の予定がある夫が「青春プレイバックツアーをしよう」と言い出したので、私もUAカードのポイントを利用し、無料航空券をGETして東京へ。

青春プレイバックツアー・・・?
それは、彼の大学時代に住んでいた場所、よく行った場所等を巡るというツアーである。
一人では絶対に行かないような住宅街、大学を散歩できて楽しかったよ。

まぁそれはいいとして、新宿オカダヤには絶対寄りたかったので、夫同伴で行ったのけど、
夫同伴であるからさら~っと流す程度にしか物色出来ないのが不満だったの。。。
今度行く時は、別行動するから!絶対に。
b0151717_11395195.jpgその中で、コットンの猫柄を見つける。猫のシルエットが、ファンシー過ぎなくて気に入ったのです。
家着のスモッグによかろうと購入。購入したのは1月なのに、創作したのは5月だよ。
・・・冬は購買意欲はあっても、創作意欲がわかないんです。寒くてさ。




b0151717_11441418.jpgb0151717_11442790.jpg












襟と袖のふちに、100均屋で買ったレースをつけた。甘くなりすぎないレースがいいね。今時の100均屋はあなどれない品揃えだわ。
私はソーイングはほんっと自己流なので、家着程度しか作れない。
が、家着のつもりが、気付けばどこでも着て歩いている私なのである。
[PR]
by ura-cherubino | 2008-06-10 11:36 | 手作り