手作り、着物、その他日常


by ura-cherubino

ポルカドットのワンピース!

 うぉぅ!こっちのブログ放置して2ヶ月経ってるぅぅ。
その間、取り立てて書くほどのことをしていないっていうことか。

今回はそんな生活からやっと脱出。
茅木真知子さんの最新ソーイング本から、これを作りました。
左ページのポルカドットのワンピース!
b0151717_20411348.jpg



どん!
b0151717_2043878.jpg


わざわざ同じ生地を取り寄せて!
本は紺色だけど、私は黒で!
とろんとしたレーヨンの生地がええ感じですよ~。

b0151717_20431554.jpg


このワンピースのポイントは、首が伸びたTシャツのような襟の雰囲気。
本で白いレースをチラ見せしていたのが可愛かったので、
私もキャミのレースを無理やり襟もとから覗かせて写真を撮る。

そう、無理やりに覗かせないと見えないのよね。
襟ぐりが広そうに見えて実は全然広くないので、普通に着ただけじゃ
キャミを着てるのかどうかさえも見えないよ。
ここはちょっと着方に工夫が必要か。

試着して気付いたのだけど、このショート丈なら
レギンスが似合わない私でもまぁ見られる程度にはなるようだ。
というのが、ちょうどふとももが始まる手前の絶妙な丈で、
脚の形の悪さがそこまで目立たない。

美しい脚線を持つ人は、何をしたってレギンスがよく似合うよね・・・。
昨日もNHKドラマ「天使のわけまえ」を見ながら
観月ありさがナチュリラ系レギンスを着こなしていたのをうっとり眺めたよ。
レギンスを本当に着こなそうと思ったら、脚線美がないとダメだと悟った。

でも!このワンピースの丈なら見られる程度にはなる!(自分基準)
レギンスジプシーだったけど、この夏はこのワンピでジプシー卒業だい。
[PR]
by ura-cherubino | 2010-07-14 21:43 | 手作り